メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格

メンタルヘルスマネジメント検定は心の健康を促進させるために2006年に大阪商工会議所が厚生労働省の労働者の心の健康の保持増進のための指針をもとにして始まった検定試験です。
社会生活のなかで様々な理由からストレスを抱えてしまう人たちが増加し休職や退職に至ってしまうことで社会的損失は計り知れないものがあります。

あなたの探していた離婚 カウンセラー 資格の情報を探すならこちらです。

そこで体の健康だけでなく心の健康も増進させるためにメンタルヘルスマネジメントを職場あるいは個人によって行っていくというものです。

朝日新聞デジタルとの上手な付き合い方をお知らせします。

メンタルヘルスマネジメント検定はメンタルヘルスに必要な臨床心理学や産業、組織心理学、組織論、労働法学などのついての知識や技術を取得していく必要があります。

そしてメンタルヘルスマネジメント検定は1種〜3種に分かれておりそれぞれについて検定合格していく形となります。受験資格に制限はなく年齢や学歴不問となっています。


また外国の方にも受験資格があります。



1種〜3種のうち順番に受験しなければならないということはありませんのでいきなり1種に挑戦することも可能です。

ただし1種の合格率は11.7%と決して低くはありませんので知識を積み重ねていく上でも3種から順番に難易度を上げていくほうが無難かもしれません。


メンタルヘルスマネジメントについて学習することで自分の不調の原因を知ることができたり効果的なストレス解消法を実践することもできます。受験資格は何歳からでもいいので持っておいて損はない資格だといえます。