メンタルヘルスマネジメント検定の難易度

近年では仕事や職場において、様々なストレスを抱える人が増加しています。

それにより心の不調をわずらい、休職や離職する人も増加傾向にあります。

朝日新聞デジタルの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

雇用する企業側としても、従業員の心の健康管理が重要視されています。



そのため、メンタルヘルスマネジメントの資格が注目されているのです。
メンタルヘルスマネジメント検定は、職場内でストレスを抱える人の相談に乗り、対処していく能力を身につけるものです。


試験は?種のマスターコース・?種のラインケアコース・?種のセルフケアコースに分かれています。


?種のマスターコースは、主に人事労務管理職や経営幹部による社内のメンタルヘルスの推進を目的としたコースです。


?種のメンタルヘルスマネジメント検定試験の難易度は難しく、合格率は18.8%(2014年11月実施試験)です。?種のラインケアコースは、主に管理監督者が部門内や上司として部下に対しメンタルヘルスの推進を目的としたコースです。



?種のメンタルヘルスマネジメント検定試験の難易度はやや易しく、合格率は53.2%(2015年3月実施試験)です。


?種のセルフケアコースは、主に一般社員がそれぞれ自己のメンタルヘルス対策の推進を目的としたコースです。


?種のメンタルヘルスマネジメント検定試験の難易度は易しく、合格率は80.0%(2015年3月実施試験)です。このように?種の合格率が比較的高いことに対し、?種の合格率は20%に満たず、難易度が高いことが分かります。